e-Tax処理後、税務署から突然のお便りが

 地元の税務署長から突然お便り。歓迎されざる内容に違いない、まったく予期していないモン。

 今年の確定申告は従来通りネット上でつまりe-Taxで済ませた。もちろん必要な書類は確保してあり、やましい点は何ひとつ無い。
 現に、還付金もこちらの計算通りの額でした。
 お便りがあっても、向こうが要求した書類はしっかりと保存してあり、何も慌てる必要は無い。税務署には必要なら確認する権利があることは十二分に理解しているつもり。
 ただこの種のお便りは数年前にも受けたことが有り、サンプリングにしては当たる確率が高い気がする。ちょっと要注意人物扱いにでもなっているのかしら。こちら大もうけの月で、せいぜいン万円程度だよ。それも、種まきのための出費で、未だ赤字経営。何もこんな小物を疑う暇があったら、もっと大物を疑って欲しいナ。
 調査官による確認結果はもちろん、シロでした。

 中身のある調査に値するようもっと大もうけせよとの激励かな。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
[`evernote` not found]
Bookmark this on Hatena Bookmark
[`yahoo` not found]